読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Clinicafe ♯2

クリニック+カフェ 医療以外もつらつらと書きます‥‥

シェイクスピアと議会、そして選挙いきましょう!

 文豪シェイクスピアは、誕生日も命日も同じ(正確には不明)4月23日とのこと。2014年は生誕450周年、そして本年2016年は没後400周年に当たり、様々な記念行事が開催される様子。お花見も一段落したところで、たまにはこうしたイベントを覗くのも一考かもしれませんね。

 と、何事もなかったように書き出しましたが、2月にネパールの学会に行ったりしたので、恥ずかしながら久々の更新です。春になり、気をとりなおしてブログ書きます!日本整形外科学会ニュースの原稿のロングバージョンなので、整形関係の方はよろしければお読み比べください。

f:id:makitanaka66:20160414145118j:plain

    ************************************

 ウィリアム・シェイクスピア没後400年にあたる本年は、世界各地で記念行事が催される。演劇、映画、展覧会といったプログラムのみならず、国や時代を超えて読み継がれている作品を、世界の子どもの教育に役立てようという企画もあるようだ。数々の作品は人間観察・描写が豊かで今なお新鮮だが、本人の人物像については謎が多く、複数人である説もある。今から数年前、シェイクスピア自身が脱税の疑いで起訴されて投獄寸前だったとの調査結果も発表された。作品中にも、当時の不動産相続や課税に言及する台詞が多く出てくるようだ。
 さて、四大悲劇の1つ「マクベス」は、1605年の火薬陰謀事件(国会議事堂地下に大量の火薬が運ばれるが爆発は未遂に終わった事件。首謀者の名前に由来するガイ・フォークス・ナイトは花火大会として有名)の後に書かれたが、当時エリザベス一世の時代に議会があったことにまず驚く。英国議会制度の始まりはもっと古く13世紀、市民代表が議会に選ばれるようになったのは14世紀、そして庶民院は直接税や関税についての承認権を持つようになったという。
 シェイクスピアの時代からの議会制とはいえ、一般市民が参加できるまでの道のりは遠く、普通選挙が男性に実施され始めたのは19世紀、女性においては第二次世界大戦後からという国が多い。日本においてはこれまで20歳以上だった選挙権が本年夏より18歳に引き下げられる。
 普段はあまり意識していないが、医師法、医療法、健康保険法、介護保険法など、私たち医療の仕事も法の規範に定められている。おそらく他業種においても、ちょっと調べると種々の関連法が定められていることと思う。こうした法律は議員、内閣により立案され、諸手続きを経て施行される。多くのシステムが急速に変革する現在、日々の生活が立法と無関係ではないことを再確認し、選挙・投票に真摯に参加する時期と考える。